岩本

膝についてしりましょう(レントゲンとMRIの違い)

膝についてしりましょう(レントゲンとMRIの違い)

岩本

膝についてしりましょう(レントゲンとMRIの違い)

膝についてしりましょう(レントゲンとMRIの違い)

皆さんこんにちは。

トレーナーの岩本です。

 

今日はタイトルの通り、「膝」についていくつかお話ししたいなと思います。

膝が痛くて診察に行くと、あなたの膝は〇〇の靭帯が傷んでます。や、〇〇の骨や軟骨が傷んでますといった具合に診断を

受ける事が多いのかなと思います。そもそもその〇〇って何なの?と分からない方も沢山しらっしゃるのではないでしょうか?

本日はその事について簡単ではございますが、お話ししていきたいなと思います。

 

 

 

 

まず膝関節というものは3つの骨で構成されています。

 

「大腿骨」=ももの骨

「脛骨」=すねの骨

「膝蓋骨」=俗にいうお皿

 

そもそも膝が痛くなって病院に行って、大体の方たちはまずは一度「レントゲンを撮りましょう」と言われると思います。

主にレントゲンは「骨」に異常がないかを判定しています。その他、大腿骨と脛骨の隙間が(レントゲンでは黒く写っている隙間)

どれ位あるかによって、骨を守っている「軟骨」がどの程度残っているのかを確認しています。

ただレントゲンでの軟骨の確認は予想での範囲であるため、実際に異常があるかないかを判定するのはMRIで行う事になります。

 

その他に大腿骨と脛骨の間(正しくは脛骨プラトーの上部)には、「半月板」と呼ばれる軟部組織があります。

半月板は骨にかかる衝撃を吸収し・分散するほか、膝を正しく動かす、車でいう「ナビゲーション」も行っています。

(膝の正しい動かし方にご興味をお持ちの方は「スクリューホームムーブメント」で是非検索してみてください)

 

この半月板を傷めてしまった場合は、膝の正しい動かし方ができなくなり、システムエラーを起こしてしまった結果、

膝の痛みに繋がっていく事になります。

 

よく日々の診療の中で「レントゲン」と「MRI」について質問を受けることが多々ございます。

本日は膝のレントゲンとMRIがどう違うかを簡単ではございますが、説明させて頂きました。

膝の痛みを抱えている方は是非一度お越し頂いて、中の状態を確認していただけたらと思います。