須田

膝の注射【ヒアルロン酸】とは?

注射

須田

注射

ひざ痛の治療

膝の注射【ヒアルロン酸】とは?

こんにちは(^^)

 

膝が痛くて病院に行くと、レントゲンを撮り、変形性膝関節症と診断され、痛み止めと湿布を処方されます。

それでも効果がない場合は、ヒアルロン酸を週に1回、計5回行います。

効果があった場合は2週間に1回の注射が保険適応で出来るようになります。

 

ヒアルロン酸とは・・・

ニワトリの鶏冠が原料であることが多いです。

ヒトの軟骨・皮膚・臍帯・肺・肝・腎・眼球など身体のなかのいろいろな部分に存在します。

 

正常なヒトの膝関節には、関節液が存在して潤滑と衝撃吸収作用がありますが、変形性膝関節症では関節液中のヒアルロン酸の濃度が低下しています。

注射によってヒアルロン酸を補充することで正常な関節液に近い状態になり、潤滑と衝撃吸収作用が増すことで痛みの軽減が得られます。

機械に例えれば油がきれてきたので、潤滑油をさすイメージです。

しかし、油が切れるとまた痛む。この繰り返しになります。

膝の変形が強いとヒアルロン酸の効果が出にくいのが現状です。

 

ヒアルロン酸を打っても痛みが緩和されない場合は、当院へ一度ご相談下さいませ。

関連する治療

関連する治療