今井

膝の痛みは半月板や軟骨だけではない!

今井

ひざ痛の原因

膝の痛みは半月板や軟骨だけではない!

こんにちは!

トレーナーの今井遼一です!

本日は膝の痛みの中でも筋肉の要素が大きく関わる痛みについてお話していきます。

特に筋肉の付着部には痛みを感じる神経が多くあります。

よって体の使い過ぎにより痛みが出る事が多くなっています。

膝蓋腱炎

腸脛靭帯炎

鵞足炎

この3つに関してお話をしていこうと思います。

 

膝蓋腱炎 

別名ジャンパーズニーと呼ばれています。

名前の由来通りジャンプ動作の繰り返しにより痛みを感じる事が多いです。

競技ではバレーが多いとされています。

膝蓋腱は大腿部の前側の筋肉である大腿四頭筋と脛骨という脛の骨のつなぎ目になってきます。

このつなぎ目が太ももの前側を高強度に使うことが多いジャンプの動きで

引っ張られるような刺激が入り膝蓋腱に負担が掛かってしまう事により痛みを感じます。

腸脛靭帯炎

別名ランナーズニーと呼ばれています。

こちらも名前の通りランナーに多い膝の痛みです。

特に長い距離や時間を走ることが多い長距離のランナーで多い疾患です。

腸脛靭帯という太ももの外側を走る太い組織になります。

こちらはガーディ結節という膝下の部分に付着しています。

膝の曲げ伸ばしによりこの腸脛靭帯の付着部が摩擦により負荷がかかり痛みが生じます。

鵞足炎

膝の近くにある脛の骨の出っ張りの内側に痛みを訴える方多くいます。

そんな方の中で鵞足という組織に痛み感じているかもしれません。

そもそも鵞足は縫工筋、薄筋、半腱様筋と呼ばれる筋肉の集合体になっています。

これらの組織は膝関節の横への安定性に関与しています。

変形や関節の不安定性により鵞足の負担が増える事が原因の一つです。

 

これら3つの痛みに対する対処療法は簡易にできる方法として

大腿四頭筋、腸脛靭帯、縫工筋、薄筋、半腱様筋

これらの筋肉に対して圧刺激、ストレッチ、温熱などの筋への刺激により痛みの感覚に対してアプローチします。

痛みについて

変形性膝関節症の痛みについて

筋肉対してはこちらを参照ください!

筋肉を柔らかくするとは