宮内

MRIとレントゲンの違い

MRIとレントゲンの違い

宮内

MRIとレントゲンの違い

MRIとレントゲンの違い

こんにちは😃

3月になり、日中は少し暖かい日も増えてきましたね!

 

当院では、初診時にMRI撮影をお願いしております。

 

「MRIとレントゲンって何が違うんですか?」と仰る患者様も多くいらっしゃいます。

本日はこの2つの違いを少しお話しいたします!


 

【レントゲン】

 

骨を写します。

骨の変形、骨折などがわかります。

また、変形性膝関節症の場合 その進行具合(グレード)を判断することができます。


 

【MRI 】

 

骨以外の組織も写します。

 

 

レントゲンでは写らない 軟骨、半月板、靭帯、骨の中の損傷などが写ります。

これにより、軟骨のすり減っている部位や厚さなど、詳しい診察が可能となるのです。


 

★より正確に詳しく、お膝のお痛みの原因を突き止めることができるのがMRI画像になります♪

 

お膝のお痛みにお悩みの方は、ご予約をお待ちしております☎