桒内

MRI検査で詳しい診断を

MRI検査で詳しい診断を

桒内

MRI検査で詳しい診断を

MRI検査で詳しい診断を

こんにちは☺️

今日は当院が診察時に使用しているMRIのお話をさせて頂きます。

MRIとは「Magnetic Resonanse Imaging」の略で、訳すと「磁気共鳴画像」となります。

通常保険診療ではレントゲン撮影を行います。
レントゲンでは骨の形に関する情報が得られますが、より詳しい診断をする為にMRI撮影を行うことで、半月板、軟骨、骨、靭帯など、関節周辺の各組織がどういった状態にあるのかを知ることができます。
また、炎症や出血、水の溜まり有無も確認できます。

《MRI で得られる情報》
◆半月板:変性や断裂の程度、正常な位置からどのように逸脱しているかといった位置関係がよくわかります。

◆軟骨:加齢や運動によってどのくらい軟骨が失われているかを知れます。

◆骨:レントゲンやCTでは見逃しやすい骨髄浮腫や骨壊死、さらに骨嚢胞、ガングリオン等の存在を確認できます。

◆靭帯:変性、断裂の予測が可能です。

 

当院ではMRIの検査所見に基づいて最適な治療法をご提案いたします👨‍⚕️
当院の「MRI ひざ即日診断」で、提携施設での検査予約を優先的にお取り致します。

まずはご自身のお膝の状態をしっかり把握し、最善な治療をサポートさせて頂きます✨