今井

変形性膝関節症とビタミンD

変形性膝関節症とビタミンD

今井

変形性膝関節症とビタミンD

変形性膝関節症とビタミンD

こんにちは!

メディカルトレーナーの今井と申します!

本日は変形性膝関節症の予防と症状の緩和の為の栄養素ビタミンDについてお話しします!

先ず変形性関節症は進行性の疾患です。一般的に体重を支える滑膜関節と呼ばれる組織に影響を与える変形性膝関節症は関節軟骨の劣化と喪失それに伴う異常な軟骨下骨の成長と再構築が作用機序として現れます。そして初期段階では滑膜の炎症を特徴としています。危険因子として年齢、性別、肥満、以前の関節外傷、遺伝学など、さまざまな因子が変形性変形性膝関節症に関連することが知られています。

また変形性膝関節症は関節内のすべての組織に影響を及ぼします。主な組織の種類には、関節軟骨、軟骨下骨、および患部を覆う滑膜が含まれる。これらの組織で起こる生理学的過程の変化は、最終的には変形性膝関節症の進行をもたらすします。

変形性膝関節症にさまざまな影響を及ぼしている骨の中の代謝過程にビタミンDは、重要な役割を果たすことが知られています。

そのビタミンDの主な機能はカルシウム恒常性と骨代謝の調節です。

ビタミンDは新しいをつくる働きをもつ細胞の増殖、

骨成長に対する作用を有するビタミンDは、変形性膝関節症に関与していると言われています。

  • 1.メカジキ
  • 2.特定のきのこ類
  • 3.たらの肝油
  • 4.ヨーグルト
  • 5.牛乳

これらの食品に入ってます!

変形性膝関節症の予防と症状の緩和として是非接種してみて下さい!