金川

PRPとPRP-FDの違いについて🌼

PRPとPRP-FDの違いについて🌼

金川

PRPとPRP-FDの違いについて🌼

PRPとPRP-FDの違いについて🌼

こんにちは😊

ブログのお越しいただき有難うございます♪

今日から10月、早いですね!!

まだまだ日中は残暑が厳しいですね。今年の冬は暖冬になるとのことですが、お膝が痛くなる季節でもありますので、ご注意下さい(>_<)

 

再生医療、皆様はご存知でしょうか?

 

TVで観たり、新聞で目にする事も多くなってきましたが、全く聞いた事もない方もまだまだ多くいらっしゃるかと思います。

 

当院では培養幹細胞治療、PRP-FD治療を行っておりますが、どちらも第二世代のものを使用しています。

 

血液療法がPRP-FDですが、PRPが第一世代、PRP-FDが第二世代です。

 

 

PRPは当日採血してその日に注入可能ですが、複数回繰り返す必要があります。

PRP-FDは採血したら3週間かけて加工し、その後注入します。

加工にお時間はいただきますが、高濃度なものを注射する事が出来るので、第一世代よりも効果は高いです。

 

またFD(=フリーズドライ)しているので、半年間常温で保存が可能です!

お時間のある時にご来院いただき治療が出来ます。

 

インターネットで調べると、沢山の情報があり、分からない事も多くあると思います。

ぜひ一度お話を聞きに来ていただけたらと思います。

スタッフ一同、お待ちしております✨

 

公式サイトでも2つの治療法の違いについて、わかりやすく解説しています。

あわせてご覧いただければと思います。

PRP-FD注射とは

関連する治療

関連する治療