今井

幹細胞治療とは

幹細胞治療とは

今井

幹細胞治療とは

幹細胞治療とは

こんにちは!

トレーナーの今井です!

今、IPS細胞が心臓や目、軟骨等に使われているニュースが度々流れています!

本日は当院の治療とIPS細胞の違いについてお話しします!

幹細胞とは分化と複製能力を持つ細胞の事を言います!

分化とは細胞が組織成長していく事を言います。

複製は細胞のコピーを作る能力です。

当院の治療は脂肪組織から幹細胞を取り出し、培養(複製)した物を膝関節に注射していきます。

脂肪から取り出した幹細胞は間葉系幹細胞といい骨や脂肪、軟骨、筋肉に分化する細胞ですです。

IPSとの違いはこの分化の種類が違います。

IPS細胞は全ての細胞に分化する能力を持っている細胞です。

なので色々な事に応用が出来ます。

今治験で行っているのは安全性の確認。

安全性が実証されれば膝関節の新たな治療手段が生まれるかもしれません!

期待し行きましょう!