岩本

その痛み膝の痛み?腰の痛み?

その痛み膝の痛み?腰の痛み?

岩本

その痛み膝の痛み?腰の痛み?

その痛み膝の痛み?腰の痛み?

皆さんこんにちは。

トレーナーの岩本です。

 

以前の投稿で膝と腰の痛みの関連性について記載させて頂きましたが、

今日もまた腰の痛みについてお話をさせて頂きます。

 

日々リハビリを行う中で、今はどのような時に痛みを感じますか?と伺った際に、

「じっとしていても、お尻の付け根の辺りからすねの外側にかけて痺れるような痛みがある」とよくお話を頂く事があります。

場所が太ももの辺りで顕著に出る事が多い為、よく膝の痛みと混同されて感じる方がいらっしゃいますが、

実はそれは腰の神経痛の可能性が非常に高いです。俗にいう「坐骨神経痛」(ざこつしんけいつう)の症状です。

 

腰椎(ようつい)=腰のほねの間の椎間板が痛んで中で水が漏れだすと神経を圧迫したり、

神経の通り道(椎孔)が何かしらの原因で変形したりした場合の腰椎の神経根という場所に障害が発生します。

それが腰椎の何番で起きているかで神経痛が出現する場所が変わりますが、腰椎の3~5番で起きている場合は、

太ももの前側や外側で神経痛が発生します。

 

場所が場所なだけに混同して考えやすいですが、原因は膝よりも腰の症状で起きている事になるので、

腰の治療を行わないと根本解決になりません。

 

是非どこで起きているかを見分けて今後の治療の選択にしていただければと思います。