石黒

変形性膝関節症の診断分類について

石黒

変形性膝関節症

変形性膝関節症の診断分類について

こんにちは☺

 

ブログにお越しいただきありがとうございます♪

 

本日は、当院で主に用いている診断分類についてのお話です。

 

当院ではKL(Kellgren-Lawrence)分類というものを用いて、

 

膝の状態を診断させて頂いております。

 

これは、変形性膝関節症の程度どの程度かということの分類基準として使われています。

 

診断は一般的にレントゲン画像でおこなわれますが、

 

MRI撮影を行っていただくことで、より詳細に膝の中の状態が診断可能となります。

 

当院でのカウンセリングをお受けいただくことで

 

診断基準でしっかりと程度を把握し、

 

なおかつ、詳細に膝の中の状態を確認していただけます。

 

ご自身の膝の状態を理解しやすくなれば、

 

次のステップの選択もしやすくなると思います(^^)

 

一度、膝の状態をしっかりと確認してはいかがでしょうか?

 

皆様のご来院お待ちしております☺

関連する治療

関連する治療