須田

正しい杖の選び方

須田

最新ニュース

正しい杖の選び方

こんにちは(^^)

須田です♪

 

本日は『杖』についてお話させていただきたいと思います。

膝が痛いと歩くのが億劫になりますよね、そんな時には杖があると良いです!!

2本の足で体重を支えるよりも、杖があることでかかる力が分散されるため、膝への負担の軽減に繋がります。

また、杖があることで安定感が増します。

そして、膝が痛いこと、歩くのに不自由であることを周囲に理解してもらえるようになります。

 

☆正しい杖の選び方☆

長すぎても短すぎても長さが合わなければ、正しい歩行姿勢が取れず身体に悪影響を及ぼす場合があります。

ご自身に合った正しい杖の長さを選ぶことが大切です。

 

杖の長さの目安

身長÷2+3㎝=長さの目安

(例 150cm÷2+3=78cm)

 

※靴を履いた身長で計算して下さい。

 

杖の長さの決め方
「杖の選び方」の画像検索結果
腕をリラックスした状態に垂らし真っ直ぐに立ちます。
杖の先を同側の足先の前方20cm前におき、肘は30〜40度屈曲した位置がよく、この状態で杖の長さを決めてください。
長い杖は杖に体重をかける事ができなくなり、杖本来の機能を低下させる原因となります。
短い杖は重心が前にきて前かがみになるため、安定せず危険です。

 

自分に合った杖選びをしてください😊

 

当院の治療をされた方より、「この治療をしてから杖をどこかに忘れてくるようになってしまったんです。」と仰る方が多くいらっしゃいます。

それは、膝の痛みが軽減したことにより、杖を必要としなくなっているからです。

杖を使わないで生活が出来るよう、サポート出来ればと思っております。

膝のお痛みでお悩みの方は一度当院へご相談下さい!!