長谷川良一

今年一年を振り返って

長谷川良一

変形性膝関節症

今年一年を振り返って

2021年12月27日(月)

東京ひざ関節症クリニック 新宿院
院長の 長谷川です

第 19 回目の投稿となります

今年ももう数日です。

当院の診療も本日が年内最終日となります。

季節柄めっきり寒くなりました。

本日朝、自転車でトレーニングをしましたが、天気予報をみると

朝5時の時点ではマイナス1°となっておりました。

寒いのは苦手ですが、それでも真夏の昼の暑さに比べるとだいぶマシだと感じます。

ただし朝5時だとまだ暗いので、スピードはだせません。

皆さんも早朝運動をする際は充分お気をつけください。

 

皆さまこの一年はどのような一年でしたでしょうか。

私は仕事に関して、一年を通じて診療やブログ、YOUTUBEなど通じて

膝の治療、再生医療の魅力について啓蒙してまいりました。

まだまだ一般の方にとってはメジャーな治療とは言えないかもしれませんが、地道な努力におかげか、徐々に認知度は向上してきていると思います。

もちろん再生医療だけでなく、保険診療への案内や日常生活での注意事項などもお伝えさせていただいております。

変形性膝関節症は数年で進行するものでなく、通常10年以上かけて、末期の状態になることが考えられます。

一番大事なのは未然に防ぐこと、次に大事なのは早期発見、早期治療となります。

来年も再生医療を通じて、一人でも多くの方の膝の悩みを解決できればいいなと思っております。

お気軽に受診していただけると幸いです。

来年もよろしくお願いいたします。

 

受診の際はスタッフ一同お待ちしております

院長 長谷川

整形外科・再生医療
東京ひざ関節症クリニック 新宿院
新宿駅から徒歩五分
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-4-11 宝ビル9F